医師の求人で体験した事は何か

医師を雇う必要が出てきた

医師が1人で経営することもできなくなりませんが、通常大きな病院であっても小さな病院であっても、誰かしら雇うことになります。

まず看護師を中心しなければなりませんが、実はこれがなかなか大きなハードルといえます。

何故かと言えば、需要と供給のバランスが若干崩れている部分があるからです。

看護師の場合、需要と供給のバランスが崩れており、看護師の需要は多いにもかかわらず、供給が少ない傾向にあります。

違う言い方をすれば、看護師を求めているクリニックなどは多いにもかかわらず、看護師自体があまりいない状態ですので、そうすると安い給料などでは働いてくれません。

小さな病院からすれば、そこまで余裕があるわけではないため、収入を高くするわけには行かなくなります。

その半面で、全く人が来ないとそもそも病院の仕事自体が回りませんのである程度妥協するしかありません。

それ以外の待遇を良くするしかなかったといえます。

つまり医者としては、弱い立場と言えるでしょう。

そのような経験をして、オープンしてから1年以上が経過した頃、今度は患者さんが増えてきました。

これはありがたい悲鳴と言えるかもしれませんが、患者さんが増えると今度は医師を雇う必要が出てくるわけです。

はっきり言えば、この段階で二通りの考え方に分かれるかもしれません。

© 2023 医師の求人で体験した事は何か